昨日、身の護りについてちょこっと書きましたが
身を護るというのは、マイナスな要因から身を護るだけでなくてですね。
外部の影響から自分の身を護ること、周囲に影響を与えないということもあります。

周囲から自分を護るだけでないってこと。

例えば。
私は視える能力がありますが、毎日毎時観ているわけではありません。
必要に応じて「視えるスイッチ」をオン・オフしています。
視る必要のない時までオンにしていたら、体が持たないしやる意味もないし。

また、エネルギーの強いものがあったとしましょう。
これはマイナスでなくてもプラスでも同じ。
ネットで見たものなら、速やかにブラウザを閉じます。
眼の前にあったら距離を置きます。そうでない場合、自分に対してガードを張ります。

自分が苦しくなったり、違和感を感じたら自分で処理します。
なぜなら、我慢する意味がないから。ただし、そこから自分をシャットアウトするってだけね。
対象に対しては何もしません。私が合わないってだけだから。

自分のエネルギーを外部に流してしまうことも危ないです。

解りますよね?

お風呂の底の栓が抜けた状態で、お湯張ってるようなもんですわ。

ちょっとマジにヒーリングについての考え方を書きたいのですが
うまく文章にする自信が無いのですよぅ。
あー。文章力欲しい・・。

奄海るかセルフマガジン・無料配布中

無料メールマガジン 奄珠堂通信に登録しませんか?

無料メールマガジン庵珠堂通信

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

あなたにオススメの投稿