望む未来を掴みたい?

自分の思うような未来を掴みたいと思うのは、誰も同じだと思います。

望む未来を掴むために、行動するのは自分なんだけれども
大きく分けて、自分が変わって掴みたいと思う人 と
周りが変わってくれたら掴めると思う人 の2パターンに別れます。

どちらの方も「こんなに頑張っているのに何故?」と思うとき

前者の場合は自分を変えようとする意識が強いけれども
変え方が間違っていたり、視野が狭いことでなかなか前に進みにくく

後者の場合は「あの人だけずるい」とか「私ばっかり」という愚痴が多く
今のままの自分の状態で、良い方向に変わればいいと考えがちです。

前者の方は、エネルギーの掛け方が間違っているだけなので
自分でその部分に気づいてゆけば、変化のスピードは上がります。
後者の方は、なんとかならないかなあ と想っているうちは
思い通りの未来は掴みづらいのです。

周囲が悪いとか、周りがこうだからとか関係ないのね。

だって、後者の人は自分自身は現状維持でいたいと想っているんだもの。
現状維持というのは、下がりもしないけど上がりもしないの。
今の自分を保ったままで、周りがよりよく 自分を動かしてくれないかなって
想っているのだもの。

私は、苦しくとも足掻いて努力している人に手を貸したいと思うけど
こちらから手を差し伸べることはしない。
そこからが その人の選択なんだもの。
助けを求められたら、勿論全力で向き合います。

あなたは自分で運命を変えるために生きていますか?

奄海るかセルフマガジン・無料配布中

無料メールマガジン 奄珠堂通信に登録しませんか?

無料メールマガジン庵珠堂通信

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

あなたにオススメの投稿