てはつたえる→てつだえる 

タイトルは矢野顕子さんの歌から。

この写真は 言魂タロットの一枚です。
photo:01
上の文字と下の文字は同じもので 「手」 を意味します。

なぜこれをUPするかというとね。

あなたは人から手伝いや助けを求めることができますか?

がテーマなのです。このおはなし。

今、甘えになったり依存したくないと思うあまり なんでも自分でやろうと努力する人が
増えているんですね。
セッションや占い・セラピーなどは人の手を借りていることなのでいいんですね。
セミナーなども新しい方向性を見つけるものなのでいいのですが

そこまでのもんじゃないねんけど、変えたいこと ってありますやん。
どうしたらいいんやろう・・的な。

そういう時は思い切って、いろんな人に話してみましょう。

「ふーん」で終わる人もいるやろうし「なんで私にそれ言うの?」って人もいるだろうけど
絶対「こうしたらええんちゃう?」って言ってくれる人がおります。
そう言ってくれた人の意見を丸呑みするんじゃなく、いっぱい聞いて考える。
違う角度や目からウロコになるんですよな。
ちなみに前者2人は、自分も相手も悪くなく 質問する相手を間違えただけで
自分が悪いんや~ とか あの人何なん? とか 嫌われたかな と思う必要無いです。

とにかく意見を聞く。咀嚼する。そしてベストを見つける
 のです。

あなたは一人でなく、助けてくれる人が必ず周りにいます。
人の手を借りることで、自分がまた回りまわって
人に手を貸してあげることが出来るんですよ。

そうすることが出来る関係性が、この言魂タロットのカードの意味なのです。

これは 「友」 のカードなんです。

自分が甘えてるか依存しているかの簡単なチェックですが
人に意見を言われた時に「でも」「だって」って言っているかいないか。
自己防衛・出来無い事への言い訳なんですよん。
この「でも」「だって」にもレベルがあるんだけどね。あくまで簡単チェック。

お互いが対等であり、向き合って 手を繋いで助けあう関係
それが友なのです。

奄海るかセルフマガジン・無料配布中

無料メールマガジン 奄珠堂通信に登録しませんか?

無料メールマガジン庵珠堂通信

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

あなたにオススメの投稿