ちょっくら毒吐きでございます。

色々な方と接してお話ししたりしていると

「私にしか出来ないこと」 を探していらっしゃる方が結構多い気がします。

でね 「これは私にしか出来ない」 って技術だの資格だの持ってるのであれば

いいと思うんですね。

ただ 「私に何が出来るか解らないけど、私にしか出来ない事を探している」 人の場合。

ちょっと要注意だと思うのですわ。

そもそも、なんで 私にしか出来ないことを探してるの?

それはなんで?

自分が社会のために役に立ちたい・認められたい・人に感謝されたい って

エゴがどこかにないですか?

社会のために役に立ちたいなら 会社で働くのもいいじゃん?

認められたいのも 自分の努力でなんとかなるじゃん?

人に感謝されたいのであれば 仕事にしなくてもボランティアにすればいいじゃん?

なんでそれが嫌なの?

私は 自分のこういう仕事が 自分にしか出来ないとは思ってないよ。

占い師も魔法使いも星の数ほどいるもの。

ただ、私は 「私にできること」 をやっているだけです。

職業に私という個性が加わっているだけ。

自分が何なのか・何が出来るのか・自分の欲に気がつかないと

何時まで経っても、何を学んだとしても ブレたままですよ。

奄海るかセルフマガジン・無料配布中

無料メールマガジン 奄珠堂通信に登録しませんか?

無料メールマガジン庵珠堂通信

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

あなたにオススメの投稿