私たちは、いのち。

私たちは人である前に
等しく「命」だ。

 

誰もが

この世に生まれてきた命で

誰かの大切な人で
誰かの子供。

 

殺されていい人は誰もいないし

殺していい人も誰もいない。

 

 

私たちの誰もが

未来を生きている保障はない。

 

だが、誰のいのちも
奪っていいことにはならないのだ。

 

 

私たちは いのち。

 

いつ終わるか分からない
寿命という名の蝋燭を

何もしなくても
勝手に無くなってしまう蝋燭を

 

私は、あなたは。

どう使っていけばいいのだろう。

 

そして、いのちが終わったその時に

先にあの世へ行った人たちに
何を報告できるのだろう。

 

私たちは いのち。

この魂に経験を積み、天に還る日まで
自分自身を磨き続ける存在。

 

2度と訪れない「今の自分」で
生きていく美しい存在なのだ。

 

奄海るかセルフマガジン・無料配布中

無料メールマガジン 奄珠堂通信に登録しませんか?

無料メールマガジン奄珠堂通信

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

あなたにオススメの投稿