クライアントから「もらっちゃって」疲れてしまうあなたへ。

「クライアントから、ネガティブなエネルギーを
もらっちゃって、疲れてしまうんです。
どうしたらいいでしょう?」

 

こんにちわ、奄海るかです。

私は霊能者でサイキックミディアムですが
エネルギーを扱うことも得意です。

なのでこんなことも、たまに聞かれます。

 

こういった質問はセラピスト、ボディーワーカー
マッサージ、エスティシャンなど

「クライアントの肉体に触る、触れる」

お仕事の人が多いんですね。

 

ではクライアントから
ネガティブなエネルギーをもらってしまい
疲れてしまう場合。

どうしたらいいんでしょう?

 

 

正解は

 

「まず本当に、クライアントから
ネガティブなエネルギーをもらっているのか?」

切り分けて考えること、です。

 

実はクライアントが原因ではなく
自分が原因の場合もあるんですよ。

 

異様に安い価格でセッションをしていると
対価不足を起こして疲れてしまうし

相手の愚痴を聞き流せずに
真剣に聞きすぎて疲れてしまったり。

自分の予定や休みを削って仕事したり。

 

これって、クライアントのせいではないですよね?

 

でもこういう人多い。

 

自分が無理や無茶をしていないか。

まずはそこを見直してみましょう。

 

 

そして、こういったことが起きる人って
ある意味優しい人なんですよ。

 

だって、クライアントを楽にしてあげよう

クライアントを理解しよう、としてる訳でしょう?

 

だけど入り込みすぎてしまったり
相手を心配しすぎたり
相手との心理的境界線を引くのが苦手なんですよ。

だから、自分自身がやっていることで
自分の首を絞めているのです。

 

じゃあどうしたらいいの?

 

まずは相手を理解・共感することはあれ
感情移入しすぎない、引きずられないようにしてください。

 

そして、クライアントに応えすぎないでください。

自分ができる仕事、できない仕事は切り分けましょう。

 

クライアントに接するうちに、自分の感度が上がって
エネルギーを感じ取りやすくなる人もいます。

 

そういった人は、こういった講座に参加して
エネルギーの性質や感じ方
そのものを学ぶことをお勧めします。

 

境界線が引きづらい、と感じる方は
こんなエネルギーワークを受けるのもお勧め。

 

 

で、私からあなたに質問です。

 

 

あなたを頼ってきた人は
そんなにひどい人なの?

 

確かに、エネルギー的にひどい人はいます。

 

だけどそれは、すごく辛いことがあったり
とてもしんどい状態にあって
一時的にエネルギーが下がっている場合もあるんです。

 

それをなんとかしたくて
あなたのところに来てるんでしょ?

そういう人の力になりたくて
あなたはその仕事を選んだんでしょう?

 

一方的にクライアントを汚いもののように
扱うのはどうなんだろうね、と私は思うのです。

 

でもある意味、仕方がない部分もあるんです。

人のエネルギーについて学んでいない人
知識がない人には、何が起きているか解らないから。

また、能力が上がってくると いろんな感覚が
発展して、その結果エネルギー的に疲れることも
よくあるんです。

 

だから学べば解決するんですよ。

 

ヒーラーさん、セラピストさんは仕事にする前に
そういった事例について、対処法を教えてもらうはずです。

霊能者はこれを教えてもらえなければ
仕事にもならないレベルです。

 

もしあなたが、教えてもらわなかった
ちゃんと学びたいなら、先生について学ぶことです。

ここで独学、ケチって無料教材などで学んでも
身につかないから気をつけてね。

いやほんとに。個人差めっちゃあるからね。

 

相手を疑うより先に、まず自分をチェック。

その後にどうすればいいのか?考えましょう。

 

奄海るかから学びたい人はこちらもチェックしてね

 

 

奄海るかセルフマガジン・無料配布中

無料メールマガジン 奄珠堂通信に登録しませんか?

無料メールマガジン奄珠堂通信

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

あなたにオススメの投稿