「お彼岸にも、亡くなった方がこちらの世界に帰ってくるのでしょうか?」

奄海るかです。

 

私は霊能者でサイキックミディアム。
霊の声を聞き、伝える仕事。

なのでよくご質問をいただきます。

 

今日もTwitterの質問箱 Peing経由で
いただいたご質問と回答を
ここでご紹介しますね。

 

そうそう、時期的にお彼岸ですね。

その前にお彼岸について、説明しますね。

 

■ お彼岸とは

お彼岸とは3月と9月にある
春分の日、秋分の日を含む前後3日間
合計7日間の期間を指します。

この期間はあの世とこの世の境目が
一番薄くなる時と言われ、お墓参りをしたり
春はぼた餅、秋はおはぎを食べて供養をします。

 

ちなみに関西だと、おはぎはあんこ、きなこ
青のりの3種類です。

きなこと青のりは中にあんこ入り。

美味しいよ!

 

で、お彼岸は 亡くなった人が帰ってくる
時期ではありません。

そもそも帰ってこれる人は、わざわざお彼岸に
こだわる必要もないしね。

 

ですがお彼岸は、こちらからあの世にいる人たちに
エネルギーやパワーを送ることが出来る期間。

 

もちろん、普段でも届きますが
この時期は効率よく、エネルギーの消費も少なく
相手に届けられるんです。

この期間に供養をすると、そのエネルギーが
亡くなった大切な人や先祖に、より届いて
彼らのレベルアップを助けることができます。

 

だからお墓参りに行ったり
お線香をたいて、お水をあげて拝む。

その祈りが、いつもよりあの世へと届くわけです。

 

 

 

■ 7月のお盆

お盆って地域差ありますよね。

関東は7月、それ以外は8月って。

 

それは基本住んでいる地域で分かれていて
7月のお盆に法事や迎え火をされるなら
そちらのお宅には7月のお盆に帰ってこられます。

 

ですが。

 

7月お盆の地域でも、8月のお盆の時期に
また帰ってくるんですよ。

これは基本、全国お盆なので
戻ってこられる仕組みになってるんです。

 

だから7月お盆をした人も
8月のお盆に思いを馳せてみるといいよ。

 

 

で、供養ってね。

 

法事とか何かできる人はいいんですが
今はこんな時期だから、難しいよね。

 

そんな人は亡くなった人、ご先祖に
思いを馳せてみるといいよ。

 

亡くなった人やご先祖は
この世にいる家族が、自分のことを
思い出してくれるのが、何より嬉しいし
それが供養の1つにもなるから。

 

亡くなった人をしのぶことも供養。

懐かしい記憶を思い出すのも供養。

 

私たち生きている人間が思い出す。

そうすると、亡くなった人たちは
私たちの中で生き返る。

 

それが何より、嬉しいことなんだよ。

 

 

亡くなった人と話したい
霊、お墓について聞きたい方は
スピリチュアル・セッションをご利用ください

 

 

奄海るかセルフマガジン・無料配布中

無料メールマガジン 奄珠堂通信に登録しませんか?

無料メールマガジン奄珠堂通信

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

あなたにオススメの投稿