副業での占い師って、あり?なし??

先日、副業としての占い師は
ありなのか、なしなのか、という話で
なんかいろんな人の投稿を目にしたので
私なりの意見を書いてみます。

 

副業で占い師をやってる人はいます。

お昼は会社勤めで、夜は占い師、のように。

 

今の仕事を手放す事なく
占いをお仕事にされている方は
結構多いんじゃないかな、実際のところ。

それは占い師だけでは生計を立てるまでに
結構時間が掛かることも理由でしょうが

 

仕事も楽しくて両立させたい

仕事が出来すぎて会社が離してくれない

こんな人もいます。

 

 

私は兼業ではなかったのですが
仕事をしながら占いをやっていた時期がありました。

私は副業禁止規定があったので
費用はいただかない、アマチュア扱いでした。

 

その後、仕事を退職した翌日から
プロ占い師としてデビューした訳です。

 

で、まあ。

副業で占い師をすることは
会社側の規定で問題がない

自分自身のブランディングに問題なければ
アリなんじゃないかな。

 

だけど心構えは要ります。

 

どんな職業でもお金をいただいたら
プロなので

兼業であろうが副業であろうが
プロとして扱われるのは当然だし

 

資格もなく、名乗れば誰にでも
できる事だからこそ
技術の向上は必要かなあ。

私ですら占いのキャリアは
35年あるからねえ。

それでもまだ足りない、って痛感してるもの。

 

そして自分が、人に占いを提供することで
何を得たいのか、知っておくのも当たり前で。

その上でクライアントに何が提供できるか?
そしてそれはクライアントのためになるのか?

 

それがはっきりしてたらいいんじゃないかな。

クライアントを財布にしか思わない人は
それなりの対応を受けるし。

 

あとブランディング。

これは今まで、自分でなんらかの仕事をしていて
占い、を加えることがマイナスになる場合が
あるということ。

 

もちろん、やっている人のお人柄もあるけど

  • セラピーに占い
  • エステに占い
  • 整体に占い
  • 整骨院に占い
  • 天然石販売に占い
  • カフェに占い
  • 弁護士事務所で占い
  • カウンセラーと占い
  • 金融相談に占い
  • 健康相談に占い
  • 事務に占い

 

などなど

思いついたものを書いてましたが
違和感を感じた人も、そうでない人も
どちらもいらっしゃるかと思うのです。

違和感を感じた人は
そのお店は選ばないだろうし

違和感を感じない人は
どのお店も選ぶかと思います。

で、その違和感が既存顧客に多ければ多いほど
既存顧客が離れていく確率が上がります。

 

だから新たに占いをやるならば
0からスタートの人よりも

「顧客が総入れ替えになるかも」

そんな覚悟も必要です。

 

私も占い師からサイキックミディアムに
舵を切ったときは、吐きそうな程悩みました。

でも「やらない」という選択はないし
やるしかないから腹を括りました。

 

そして見えない世界を扱うってことは
見えない世界からも見られてるってことで
そこから審判が下されることもあるわけで。

そうなる事を知っているからこそ
謙虚さを忘れちゃいかんのですよね。

 

あとね、自分がプロとして
やっていけるかどうか
知っておきたいなら

占い館やオンライン占いのサイトに
所属するのも1つの方法です。

 

こういったところは採用試験あるから
客観的に判断してもらえますよ。

 

専業だろうが副業だろうが兼業だろうが。

お代をいただいたらプロ。

 

そこから後は、自分の努力次第です。

 

占い師はアドバイスを与える仕事。
占い師は癒しを与える仕事。
占い師は気づきを与える仕事。

占い師はクライアントの願いを
叶えるサポートをする人。

 

それだけ忘れなければ
専業だろうが副業だろうが
プロとして、やっていけると思うよ。

奄海るかセルフマガジン・無料配布中

無料メールマガジン 奄珠堂通信に登録しませんか?

無料メールマガジン奄珠堂通信

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

あなたにオススメの投稿