スピリチュアルな仕事は「選ぶ」のではなく「導かれる」

今年に入ってから、占いをはじめ
スピリチュアルなお仕事に転向される方が
多いように感じます。

これは社会情勢もあるのだと思いますが
スピリチュアルを仕事にするときには
気を引き締めないといけません。

 

それは、スピリチュアルに関する仕事は
簡単に稼げる仕事では無いから。

 

そんなこと知っているわよ!

そう思う方もいるかも知れませんね。

 

ですが実際、簡単に稼げる手段

楽な手段だ、と思って

スピリチュアルを仕事に選ぶ方も
わずかながらいる、のです。

 

というのも、スピリチュアルな仕事は
資格も何もなければ

自分が「できる」と言ってしまえば
仕事になってしまう職業でもあるのです。

 

つまり入り口がとても広いと言うこと。

ですがその中で続けられるのは
ほんの一握りの人なのです。

 

特に、今まで違う業種の仕事をしていて
スピリチュアルの仕事を始めるとき
注意しないといけないことがあります。

 

それは

「今までの仕事を手放してしまう可能性があること」。

 

会社員との兼業、副業で
スピリチュアルを仕事にしてる方も
いらっしゃるでしょう。

そんな方たちはあまり問題がありません。

 

この話は個人事業主 もしくは法人で
別の業種を選ばれている方、です。

以前は別の業種で仕事をしていたのに
ある日スピリチュアル業界に転向し
以前の仕事や業種を手放す、ということ。

そうなった時、以前のクライアントが
再び自分のもとに来る確率は
とても低い、と思っていて下さい。

 

というのも、スピリチュアルな要素がないから
今まで選ばれていた、可能性があるからです。

 

私の場合を例にしますね。

私はエステやマッサージなど
体を扱ってもらう時。

 

1人を除き、スピリチュアルに関する
メニューがない人を選びます。

 

その人自身、スピリチュアルな要素を
強く持っていても、自分のメニューに
していない方を選びます。

本当に純粋に体だけ、を扱ってくれる人たちです。

 

それは私が

スピリチュアルな要素は自分で分かっているから。

体をメンテナンスしてもらう時に
スピリチュアルは求めていなくて
技術を求めているから、なんですね。

 

そんな風に、分けて考えています。

 

私の場合、自分が通っていたマッサージや
整体サロンの人が、ある日突然
ヒーリングを始めたり
スピリチュアルなリーディングを始めたら
私は確実に、その人とはおさらばします。

それは私がスピリチュアル要素を
マッサージや整体には
期待していないから、に過ぎません。

 

もちろん、スピリチュアル要素を
その相手に求めていた場合は
逆に選ばれると思いますよ。

 

そして、クライアントの中には
スピリチュアルそのものに
嫌悪感を持っている人もいます。

そういう方は確実に
あなたの元から去っていきます。

 

と言う事は、今までとはすっかり
客層が変わってしまう。

そんなこともあり得るのです。

 

業種を変えた場合、クライアントがあなたの元を
離れる可能性はとても高いのです。

今まで頼っていた内容が
メニューが無くなったしまった。

だから頼れなくなって、別の人にお願いする
なんて事もありますしね。

 

 

ですから、スピリチュアルを仕事にする場合
技術を磨いて、1からのスタートになることを
自覚しておくべきです。

 

異業種からの転向は
完全に0からのスタートです。

 

そしてスピリチュアルな仕事は
何故だか「気軽に稼げる」みたいに
思われやすいんですよね。

 

でも実際は、ほぼ毎日勉強する状況です。

 

見えない部分で努力されている方

技術を磨いている方が本当に多いのです。

 

私の場合だと講座参加費と書籍代には
ものすごくお金突っ込んでます。

でもそれは、ひいては自分のためであって
クライアントのためなので
当たり前っちゃあ、当たり前。

スピリチュアルに限らず、技術を磨く
知識を磨く、スキルアップするのは
より良いものを、クライアントに提供するために
仕事にしている以上、必須だと考えています。

 

そして、スピリチュアルな仕事に進む時って
自分が始めようと決める前に
何故か導かれてしまうんですよね。

なんとなく、始める流れになってしまって
腹を括って始めるって言う感じです。

そうすると逆に、逃れられないんですけれどね。

ですがそれはそれで、腹を括って
やらなきゃいけないこと、なんですよ。

 

 

私が占い師として
デビューするまでの流れを
お話ししますね。

 

ある日、ほんとに深く考えず
タロット占いの講座を受けたんです。

この時点で私は、タロット歴が
20年ちょいありました。

 

独学ではありましたが
友人の鑑定はしていましたし

「運命の人に出会う」と自分を占って

うそやん〜ないわ〜とか思ってたら
その年に出会った男性が夫になりました。

そのくらいの腕です。

 

結婚後、何がきっかけかは忘れましたが
なぜかタロット占いの講座に行き始め
その講座の途中で、メール鑑定を専門にしている
占いサービスの採用試験を通過。

晴れて占い師としてデビューしたわけです。

 

占い師、って占い館に所属したり
電話鑑定会社に所属するためには
どこも採用試験があるんです。

 

私が最初に所属した占いサービスは
メール鑑定専門だったので
採用試験もメールでした。

 

メールで送られてきた相談内容を鑑定し
メールで鑑定内容を規定の文字数で返信する。

その出来具合によって採点され
合格か不合格かって、決まるんですね。

 

私、1回目の採用試験で
アッサリ通っちゃったんです。

 

この時に私は

「占い師ってすごく簡単になれるんだ〜」

そう思ったんですよ。

あんまりにもアッサリ
採用試験通っちゃったから。

 

でも後で、ちょっと話を聞いたところ
その占いサービス、採用試験に落ちた人
結構いたらしいんですよ。

 

それを聞いて

「誰でも受かるんじゃないんだ!!」

ってショックを受けたくらいです。

 

そして6月1日に、占い師として
私はデビューしました。

その前日、5月31日は
金融機関での最終勤務日。

 

これも自分で決めて
そうなったのではなく

金融機関が、全ての派遣契約を
終了させることに決まっていたから。

 

だから私、金融機関と占い師デビューとの
タイムラグが0日なんですよ。

 

スルスルーって、この業界に
導かれちゃったんですよね。

 

自分がやると決めて、スムーズに流れているのなら
どのような業種であったとしても
それは導かれたのだ、と私は考えます。

ですがこれらの導きは、決して
「啓示」や「天命」「使命」ではないのです。

あくまで自分自身が「やると決めるか」。

 

それだけです。

 

そして、どのような仕事にも当てはまりますが
始めることよりも、続けることが一番難しいです。

スピリチュアル業界は特に、続けるためには
自分のモチベーションが重要です。

 

その上に、技術を磨き続けること

自分の道を踏み外さないこと。

 

自分の道を踏み外さない、と言うのは
その人その人で内容が異なります。

 

私の場合は

  • 人のエネルギーを奪うこと
  • 自分の欲にとらわれすぎないこと
  • 相手を助けたいと思わないこと

 

この3つです。

 

人のエネルギーを奪うこととか
欲にとらわれすぎないっていうのは
解るけれど

相手を助けたいって思わない、って
なんで???

 

そう思う方もいるかも知れません。

それは私の役割によるものです。

 

私がセッションで
クライアントに与えるものは
きっかけだけ。

クライアントは自分で進む力を
ちゃんと持っているから、なんですね。

 

だけど立ち上がりたくても
立ち上がることが出来ない。

立ち上がって進む事が出来ない。

立ち上がって進む事が解らない。

 

私はそんな人の手伝いをするだけ、です。

 

私の役割は

クライアントを立ち上がらせ
前に進む手伝いをする、なのです。

 

私はクライアントが立ち上がって
前に進む力を信じているから。

ですが立ち上がった後
歩いてゆくのは、クライアント本人が
やってもらわないといけない事。

24時間365日、クライアントの
サポートはできないから。

それを歩けないって言われても
おんぶに抱っこはできないんですよ。

 

もちろん、私以外のどなたかには
出来る事かも知れません。

だけど私の役割ではない、と言う事。

ただそれだけです。

 

スピリチュアルな仕事にも
自分がクライアントに対しての役割
ポジションというものが細かくあるんですよ。

 

もしあなたが今

スピリチュアルな業界に進もう

今やっている仕事を手放して
スピリチュアルな方向に進もう

 

そう思っているのであれば、全てをリセットし
新しい人生が始まるものと思ってください。

今までの実績はゼロになるかも知れません。

それぐらいの覚悟を持ってください。

 

それでも、スピリチュアルが
あなたの進む道であるのなら。

あなたは導かれるように進んでいくでしょう。

 

あなたが選んで、決めたものではないのが
理解できるかと思います。

 

あなたがスピリチュアルを
選ぶのではありません。

スピリチュアルが
あなたを選ぶのです。

 

そして選ばれたから特別、ではないし
選ばれなかったから、ダメでもありません。

進む道が違うだけの話です。

 

そしてスピリチュアルな道に選ばれた後。

またそれはそれで、別の試練がありますからね?

 

どんな道にも楽はないと、言うこと。

 

脅すようで申し訳ないですが

これは私がスピリチュアル業界で

プロとして11年、やってきてたどり着いた結論です。

 

それでもあなたはスピリチュアルを仕事に選びますか?

 

奄海るかセルフマガジン・無料配布中

無料メールマガジン 奄珠堂通信に登録しませんか?

無料メールマガジン庵珠堂通信

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

あなたにオススメの投稿