賢者のような人、の話。

賢者のような人、と言う言葉が
ふさわしい人達が存在する。

その人たちは、必ずしも
スピリチュアルを
仕事にしているわけではない。

ただしスピリチュアル的な生き方
スピリチュアルの真髄を知り
自分自身で実践し
そして私たちに助言を与えてくれる。

 

しかし賢者の助言は秘められていて

その言葉を助言と気づくものにしか
解らないし、賢者も全てをオープンに
語ることはできない。

 

その理由は明白だ。

賢者は自分の門を
叩くものにしか
全てを伝えることができない。

そして相手の理解度を
推し量ることもしない。

 

なぜなら賢者の助言を
聞くと言う事は

それなりの聞く力と
理解力を持っているのが
当然だからだ。

 

賢者は待っている。
私たちが門を叩くことを。

そして私たちが知識を得ることを。
そして安易に道を選ばないことを。

 

真の霊性に、私たちが目覚めることを。

奄海るかセルフマガジン・無料配布中

無料メールマガジン 奄珠堂通信に登録しませんか?

無料メールマガジン庵珠堂通信

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

あなたにオススメの投稿