人を見る目がない、と思っているあなたへ

人に傷つけられたり、トラブルになった時

「私には人を見る目がないなぁ……」

そう思ったことがありますか?

 

 

人生は、いい時だけではありません。

これは皆さま知っておられますよね。

 

人生の中で、人間関係は特に

お互いの状況や考え方

ちょっとしたタイミングやボタンのかけ違いで

こじれてしまう事が起きやすいのです。

 

そんな時に

「自分は人を見る目がないなあ」

そう思っているのであれば
ちょっと待ってください。

 

それ実は、人を見る目がないのではなく
自分の直感を無視しているのかも知れませんよ?

 

不思議なことに、人間は直感を使って
自分に合う人と合わない人を
瞬時に見分けています。

 

ですが現実には、直感で合わないと解っていても
仕事の付き合いなど、社会的な関わりがあって
どうしても相手と付き合わないといけない。

そんなことは良くあることです。

これはもう、ある意味仕方のないことです。

 

ですが、自分自身は直感によって
合わないということは解っていても

 

「第一印象で決めてはいけない」
「実はいい人かも知れない」

 

そう思って、接する人がいますし
完全に直感を無視している場合には
合う・合わないが第一印象で解らないのです。

こんな人は、その相手との人間関係が進むにつれ
こじれる確率が高くなります。

 

ではどうしたらいいのか?

ここで3つの方法をお教えします。

相手を知る時間をかける

まず最初に、相手を知るために時間をかけること。

急激に仲良くなったり、急激に近づいてきたりすると
相手をよく知らないまま、ノリで付き合いが始まります。

そして後から、合わない部分が見つかって
ちょっとしんどいなあ、と感じます。

ですからこの場合は、相手と程よい心の距離を
取っていきましょう。

 

自分の直感を信じる

次に自分の直感を信じること。

 

すごく笑顔で話しがうまくて楽しい人でも
ちょっとなんか、自分には合わないなあ、って
思う時があります。

そういったときも無理に相手を好きにならなくても
付き合おうとしなくてもいいということ、です。

あなたにはちょっと合わないかも、を
あなた自身が教えてくれているのです。

 

自分の心を一気にオープンにしない

最後に、自分の心を一気にオープンしないこと。

素直で相手を疑わない人ほど
最初から自分の心をフルオープンに
しているような気がします。

その結果、傷ついてしまう人も多いです。

相手には相手の考えがありますが
それを全て、あなたと同じように
見せてくれるとは限らないのです。

信用に足ると感じるまで、慎重に振舞いましょう。

 

 

 

いかがでしたか?

 

  • 相手を知る時間をかける
  • 自分の直感を信じる
  • 自分の心を一気にオープンにしない

 

この3つをやっておくと、自分も相手も
傷つけることが減っていきます。

これ以外にもに、あなた自身のパターンが
あるはずなので

それを見つけ出すと、もっといい方法が生まれますよ。

 

もちろん、第一印象がすごく悪くても
お付き合いするうちに、すごくいい人だと
気づくこともあるでしょう。

気づいたらそこから、相手の人と
距離を近づけていけばいいのです。

 

 

直感はあなたを守るための
センサーの役目も持っています。

センサーが反応しているにも関わらず
自分が丸っと無視してしまったなら
それは役目を果たせていないのです。

 

標準装備されている、高性能なセンサー
直感を感じ取る練習をしてみてくださいね。

それだけで自分がかなり楽になりますよ!

 

 

奄海るかセルフマガジン・無料配布中

無料メールマガジン 奄珠堂通信に登録しませんか?

無料メールマガジン奄珠堂通信

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

あなたにオススメの投稿