地震を始めとした災害、身内に不幸があった時。

思いやりを持って接してくれる人が殆どですが
不安や恐怖を煽る言葉を投げかける人、もいます。

 

例えば不幸に遭った時
過去のカルマがあるからだ、とか

先祖供養をちゃんとしないからだ、とか
成仏できないよ、とか。

災害の被害に遭った時
浄化だったんだよ、とか
宇宙エネルギーがどうこう、とか。

 

こんな心無い言葉を投げる人がいます。

 

いや本当に。

 

先だっての地震の時も、とんでもない事を
書いていたブログを見つけたので
反論として、こんなブログも書きましたが

こういう事を言う人は結局のところ
思いやりの気持ちが欠けていて
自分に関係のない事は他人事。

 

他人の不幸ですら、自分の自己顕示欲を
満たすために利用しているんじゃないか。

そう感じるのです。

 

そんな相手が、あなたに期待しているのは
あなたが今、安らかであることではありません。

あなたが不安を感じているか

その不安を利用できるかどうか、です。

 

もし、そう感じる出来事があったなら
相手の顔を見てください。

 

本当にあなたを心配している顔ですか?

あなたを気遣っている顔ですか?

よーく見て下さい。

 

私達がどれだけ努力しても、頑張っても。

 

天災は起きるときは起きますし
大切な人との別れは必ず来ます。

そんな心が苦しくなる出来事は
どんな人にも少なくとも
人生に1度は訪れるはずです。

 

ですが、あえてそのタイミングを狙って
思いやりのない人が吐く言葉を
あなたが受け入れて
傷つく必要はありません。

だってその相手にとっては
あなたの悲しみは所詮他人事。

別にあなたの事を思いやって
何かを言っている訳ではないからです。

 

もしあなたが、そんな相手に
うっかり出会ってしまったなら。

心の中でこう唱えて下さい。

 

「受け取り拒否します」 と。

 

あなたが相手の言葉を受け取らなければ
その言葉は、あなたのものではありません。

相手にそっくりそのまま、返しましょう。

 

あなたを本当に心配する人は
大変な時にこそ、声よりも
手を貸してくれるはず。

不安にする言葉を投げつけて
あなたを利用しようとする。

どうか、そんな相手に耳を貸さないで。

そして、相手の自己顕示欲を
満たさないようにしてください。

 

奄海るかセルフマガジン・無料配布中

無料メールマガジン 奄珠堂通信に登録しませんか?

無料メールマガジン庵珠堂通信

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

あなたにオススメの投稿