エンパス。

そう呼ばれる人達、そう呼ばれる能力を知っていますか?

 

エンパスとは。

エンパシー、共感を意味する言葉から来ており
相手の気持ちや感情、肉体の痛みを
さも自分が感じているかのように
受け取ってしまう人達のことです。

日本人は5人に1人がエンパスだという
説もあります。

 

もしあなたが、相手の気持ちや感情を
思いっきり感じ取ってしまったり。

人混みの中で、気疲れしたり。

相手の顔色を窺ってしまったり。

自分の意見が言えなかったり。

 

そんな経験が頻繁にあるのなら
あなたもエンパスなのかも知れません。

 

エンパスと呼ばれるこの状態。

実はあなたが、サイキックであることを
証明している、とも言えるのです。

 

全ての人はサイキックであり
サイキック能力を持っています。

 

そして、能力をコントロールし自由自在に
使いこなすのが、サイキックと名乗り
仕事に使っている人達です。

勿論、私もそうです。

 

ですがエンパスの人達は、サイキック能力の一つである
クレアセンティエンスを無意識のうちに
使ってしまっています。

 

クレアセンティエンスとは、相手に触れることなく
相手の感じている感覚を、自分の身体に
感じ取る能力のこと。

 

自分がサイキックであるとは知らず
無意識のうちに、クレアセンティエンス能力を
使っていてコントロール出来ていない状態。

それが、エンパスです。

 

エンパスは能力を自覚せず、無意識に使っているため
いわばエネルギーがダダ漏れ状態。

そして周囲のエネルギーを、超過敏に
受け取ってしまいます。

 

その様子は、まるで花粉症のよう。

 

他人のエネルギーを感じ取って
反応を起こすのですから。

疲れてしまうのも当然、と言えるでしょう。

 

そして、花粉症に対策があるように
エンパスにも対策があります。

とても簡単なので、自分がエンパスかも、と
思う人は是非試してみてくださいね。

 

まず、自分はサイキックだと自覚してください。

疑ってはいけません。

だってもう、能力を使っているんですから。

 

そして次に「自分が感じたいときにだけ感じる」と
決めてください。

 

これだけで大分、マシになるはずです。

 

能力のコントロールは
意識せずとも出来るものです。

しかし自分が、サイキックであることを自覚して
能力をダダ漏れにしている事に気付かないと
コントロール機能は働きません。

 

あなたがもし、エンパスである事に
苦しみを感じているならば。

サイキック能力養成講座を
受講してみてはいかがでしょう。

自分が持っている能力を認め
自信が持てるようになるでしょう。

 

エンパスは特別な能力ではありません。

 

ただ、あなたがサイキックであり
既に能力を使っている事の証明が
エンパスなのです。

 

自分の能力を認め、受け入れる事。

 

それがエンパスである自分を愛し
サイキックである自分を愛し

自分と全ての世界を慈しむ事に
繋がっていくのです。

 

自らの能力に、振り回される日々は
もう卒業しましょう。

 

そしてその能力を、あなた自身のために
上手に使っていきましょう。

 

サイキック能力養成講座について
詳しい説明はこちらからどうぞ

奄海るかセルフマガジン・無料配布中

無料メールマガジン 奄珠堂通信に登録しませんか?

無料メールマガジン庵珠堂通信

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

あなたにオススメの投稿