ヤバい。

本当にヤバい。

 

昨日、そうとしか言いようのない
本気で血の気が引く体験をしたので
お話ししたいと思う。

 

昨日はオーラリーディング講座開催日だった。

 

遠方から足を運んでくれる受講生もいたため
前も参加した場所なら、迷わないで来れるだろうと
以前も使った会場に予約を入れていた。

 

会場はビルの中にある会議室。

 

いつもの様に電車に乗って。

いつもの様に会場へ足を運ぶ。

エレベーターを降りて、会場へ行く

 

 

と。

 

会場の電気がついていない。

電気どころか、鍵も開いていない。

 

この会場は、有人管理なので
必ず会場の人がいる。

予約の時間は過ぎている。

 

おかしい。

 

 

フロアを一周回るが、やはり開いていない。

 

おかしい。

 

一旦会場のあるフロアを出て、電話をするが
留守番電話になっている。

緊急連絡先もここだけ。

 

 

ヤバい。

超ヤバい。

 

 

こうしている間も、受講生さんがどんどん来る。

 

何回掛けても、留守番電話になっている。

 

 

迷っている暇はない。

 

ある場所へ電話を掛けて、こう伝える。

 

 

「すいません、今すぐ使える会議室はありますか?」

 

 

2軒目であっさり会場は見つかり

受講生さん全員、タクシーで新会場まで移動してもらう。

 

最後の生徒さんとタクシーに乗って、私も移動。

そうすると、受講生の一人から電話が掛かってきた。

 

「着いたんですが、部屋セッティングしていていいですか?」

 

本当は私の仕事だけれど、遠慮なくお願いした。

 

 

そうして、15分遅れで講座はスタートし
無事に終了したのであった。

 

 

あーーー、本当にしんどかった。

 

こんなの初めてだ。

 

とっさに判断した自分を褒めたいし
こういう時に、過去に営業経験していてよかったな、と
しみじみ実感したのだが、サッと決断したのには

 

こんな事で、自分の講座に使える時間を
減らしたくない。

そんな思いだからだ。

 

受講生の皆さんが、全員定刻前に来てくれたのも。

サッと指示に従って、移動してくれたのも。

 

スムーズに事が運んだ大きな理由だった。

 

ちなみに、なんでこうなったのかと言うと
会場担当者の、日程把握ミスだった。

専用アプリ使って予約しても、こんな事がある。

 

 

ピンチはチャンス、という言葉がある。

そして、試練は超えられる人の前にだけ
やって来る、とも言われる。

 

今回の件では、相当ピンチではあったが
特段チャンスがあった訳ではない。

 

 

だけど今回の件が、試練だとしたら。

 

私はそんな試練を突っ込んで来た誰かを
小一時間問い詰めたい。

体育館裏へ呼び出したい。

 

今回、結果オーライだったので良かったけれど
これが周辺施設全滅だと考えたら。

 

想像しただけで血の気が凍る。

 

こんな試練なんて、全くいらん。

 

もしあなたが、目の前に起きているトラブルや
問題を

 

ピンチだからチャンスだ。

人生の試練だから。

 

そう、考えているのなら
速攻で考え方を改めて欲しい。

 

それはただのピンチで、試練ではない。

避けられるべき問題だったり
自分が理由ではない事もあるからだ。

 

試練だから〜、って甘んじて受けるなら
それでもいいけれども。

そんな事に使っている時間が勿体無い。

 

 

チャンスだ、試練だと言っている間に
本当にやるべき大切な事。

目の前に起きている事に向き合わず
放棄しているかも知れないのだ。

 

自分に出来るベストをいつだって尽くす事。

そうして初めて、ピンチはチャンスになるのだ。

 

今回は、なんとかなったけど
かなり心臓に悪かったので
出来ればもう、こんな経験はしたくない。

 

それが今の、正直な気持ちだ。

 

 

 

 

今回、快く対応していただいた
NSE会議室様

http://nse-r.net/index.html

 

満室だったのでお借りできなかったけど
空き状況を探していただいた
おとな自習室様

http://jisyushitsuumeda.whitesnow.jp

 

本当にありがとうございました!

 

奄海るかセルフマガジン・無料配布中

無料メールマガジン 奄珠堂通信に登録しませんか?

無料メールマガジン庵珠堂通信

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

あなたにオススメの投稿