価格は自分の価値に比例しないけど
自分に合わせた価格にしておかないと
バランスが崩れる

ってね。

 

知ってた。

知ってたけども!

 

今回久しぶりに
そのバランスを崩してしもた。

 

料金設定については
ここにもちょこっと書いてるので
読んでみてくれると嬉しいな。
で、だ。

 

プロである以上、どんなセッションでも
どんな価格でも手を抜かないのは当然。

だけど、相手がその価格に見合った価値を
見出してくれるかどうか、は
また別やねんな、って実感した。

 

私は吉野家違うから

上手くて、安くて、早い は出来んのよ。

そこを期待されたら、ごめん。
私は役不足やわ。

 

ほんで。

それも踏まえて私は最低価格を決めた。
その価格以下では、もう仕事しない。
と言うか、できない。

私自身のエネルギーで、その金額の差を
埋めてしまっていることに気づいたから。

 

価格と自己価値は一致しないけれども
自分自身のクオリティを保つためには
適正価格が必要。

 

かといって、上げすぎもアカン。
そのさじ加減が難しいとこよね。

 

 

奄海るかセルフマガジン・無料配布中

無料メールマガジン 奄珠堂通信に登録しませんか?

無料メールマガジン庵珠堂通信

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

あなたにオススメの投稿