「選ぶ」「選ばない」の二択は、実は四択だってこと。

「選ぶ」「選ばない」の二択は
実は四択だってこと。

皆意外と知らんのよね。

 

ってフェイスブックに書いたら

「知らない!」

って声が続出したので 改めて。

 

人生で AかBか って選ぶ局面って
割合比率高く起きると思うねん。

 

「やる」か「やらへんか」みたいな
イエスかノーか 的なもんから

「Aというもの」「Bというもの」
どっちを選ぶか、的なもんとか。

今日は、この後者のハナシね。

 

「Aというもの」「Bというもの」
どっちを選ぶかという場面って
二択やと思うやんか。

これ、実は四択やねん。

 

どういうことか、って
こういうこと。

 

「Aを選ぶ」

「Bを選ぶ」

「どっちも選ぶ」

「どっちも選ばない」

 

ほら四択。

 

なんでさ。

 

どっちか選んだら どっちか捨てんとアカンの?

 

迷ったら どっちとってもエエやん?

いちごショートとチョコレート。

迷ったならどっちも買っていいし
食べてもエエやんか。

 

本当にそれがよかったら 両方取っていいし
まだ決めかねるなら、別の道探したらエエやん。

 

そうしたらアカンって決めているのは

自分やねんって。

 

間違ったらアカンって思ってるのも自分。

妥協せずに選んだことは 全部正解やねんで。

 

本気で欲しいなら、諦めるのは勿体無い。

どっちも取りに行こうや。

本気なんやったらさ。

 

奄海るかセルフマガジン・無料配布中

無料メールマガジン 奄珠堂通信に登録しませんか?

無料メールマガジン庵珠堂通信

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

あなたにオススメの投稿