鬼の繋ぎを受けた方への記事。メルマガネタにしようとも思ったけど、うちから他の先生にお願いされている方も居ると思うんで。

 

さてさて。鬼に何かを頼むときは「明確に」「具体的に」お願いせんとあきません。

それがしっかり出来てたら、オーダーはちゃんと通ります。

素晴らしい例が、これ。碧乃先生がパソコンのご注文したら、こんな結果に。

http://aononote.blog.fc2.com/blog-entry-472.html

 

スゴイよね! でもちゃーんとオーダーすると来るんよ。あと、直感で「欲しい!!」って思ったらオーダー通る事もあります。これは私だ。

 

でねでね! 鬼って「降伏」ちゅうのが使えるってお話してますやん? 先日ある人に相談されてん。許可いただいたから、お話させてもらうな。

 

その人は夜、身体に真っ黒い何かに乗りかられるような感覚があって、鬼を使ったんやて。でも効果が感じられなかった、って。

で、どう鬼に指示したか聞いたわけよ。

 

そしたら、指示の内容が「帰ってもらって」やったのね。

 

どこがアカンの? って思う?

これ、向こうが帰る気なかったら帰らへんのよ(笑)そんで帰るべき肉体や場所がないと、帰られへんわな~。

 

そんなにね? 優しく言わなくていいのよ??

 

「始末して」「吹き飛ばして」 。

 

こんな感じでエエのよ~。その後のことまで考えなくていいのよ~。

 

って、お話させてもらって早速実行された所、身体にあった違和感がなくなったそうです。良かった良かった。

 

鬼に頼むときは、欲に忠実に、強気でオーダーすればいい。

遠慮は無用、ノックは無用!! (関西ローカルネタ)

 

あなたのサポートのために、有効に使ったってな!!

 

 

奄海るかセルフマガジン・無料配布中

無料メールマガジン 奄珠堂通信に登録しませんか?

無料メールマガジン庵珠堂通信

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

あなたにオススメの投稿