言葉を言い換えて ポジティブに見せかけてる奴あるやん?

「○○縁」「志事」「輝業」「顔晴る」「出愛」「最幸」「望年会」・・・とかとか。

なんで今ある日本語を言い換えるんか、意味解らん。

 

今日見つけてビックリしたのは「和多志」!! 私の言い換えやってよ!!

これ、大山祇神の別名やって知らんと使ってるんやろうな~。

人間が神の名を名乗るおこがましさよ。

お友達曰く、昭和演歌の「運命(さだめ)」「女(ひと)」みたいな感じ ってのが

ワタシ的には超ヒットやったけどな!

 

こんな風に日本語をいじくりたおして、無理やりポジティブに見せかける言葉にしたって

気分ええのは自分と、そこに同調する同レベルの人間だけやで。

ハッキリ言うと、自分の知能レベルが低いって言うてるようなもんやで。

 

あのさあ、こういう言葉が企業からの手紙に使われてたら どう思うねん。

それが全ての答えやと思うで。

 

自分はポジティブな気持ち、テンション上げるつもりで使ってる言葉が、自分の信用を失ってる事に気づいたほうがいいで。

大体、そんなに言葉を無理やりポジティブにせんとアカンくらい 無理してるんか?

なんでそんな言葉を使いたいんか、意識を向けてみようで。

 

長い歴史が育んだ、この国にしかない言葉が日本語やんか。

古来の人が生み出した意味を、もっと大事に丁寧に使えばええやん。

日本語ってほんまに美しいんやもん。

 

正しい日本語、綺麗な日本語を使えればいいけど 難しいこともある。

だったらせめて、変な日本語を使うのを辞めていこうで。

 

文化も未来に繋いでゆける、見えない未来への財産。

それを次世代に きっちり渡していこうで。

奄海るかセルフマガジン・無料配布中

無料メールマガジン 奄珠堂通信に登録しませんか?

無料メールマガジン庵珠堂通信

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

あなたにオススメの投稿