c596e7576b0c231e61b5ffe1b1b4c7c9_s

嫌われたくないんです、って考えている人は多いんじゃないでしょうか。

私もかつてはそうでした。

だけど、今は

「私も合わへん人っているのに、相手に合わせてくれ=好きになってくれ」

って思うのは違うよな、と考えているので、合わない人は合わない・好きな人は好き でいいかと、感じています。

なので、振る舞いもそのとおりにしています。

そんな事言ったって、仕事や人間関係 そんなんで上手くいく訳ないやん

って思ってる?

いいえ!

なんとかなるというより、受け入れられますよ。

あなたを理解できる人にね。

そもそも「嫌われたくない」って言葉自体 引き寄せ的に考えると
「嫌われる、嫌われた」ですやん。(潜在意識は否定形が解らないので)

そして、誰にも嫌われたくない・好かれたいと思う人は
嫌われたくないため、自己主張をしなくなります。

そして、当たり障りない 個性のない 面白くない 。

そんな人になってしまいます。

つまり 無難な人。

一緒にいても楽しいと思われないから、人間関係が進展しない。

仲良くしてるからと思って、素を出すと、距離を置かれたりする。

当たり前やん。

自分の素を見せてないから、その部分に合う人が来ないねん。

自分として生きる自分を認めてくれる人に囲まれたいのか。

嫌われないけれども、当たり障りない人に囲まれたいのか。

どっちを選びたいか、っつうハナシです。

自分の命である時間を、好きな人だけに割きたいだけ。

相手が好意を持ってくれてても 自分が合わないと感じたら
距離を起きましょ。
物理的な距離が取れればベストだけど、心の距離ね。

そんな相手に割く時間もったいない。

相手に振り回される感情ももったいない。

自分を理解して欲しいなら、理解してくれる人の方だけ向けばいい。

理解できる人には ちゃんとあなたの真実、心が届くから。

奄海るかセルフマガジン・無料配布中

無料メールマガジン 奄珠堂通信に登録しませんか?

無料メールマガジン庵珠堂通信

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

あなたにオススメの投稿