今日は 供養についてのお話。

供養というと、先祖供養や水子供養などが浮かぶと思います。

どのような供養であっても、亡くなった御魂をお慰めし
仏の道へ進んで頂くために 生きているものが出来ること、です。

では、供養に一番大事なものはなんでしょう。

c35edfa497e9798dd667a174f9fa68a4_s

それは 亡くなった御魂に対する感謝の気持ち です。

仏壇の有無よりも大切です。仏壇無くても供養は出来るんでね。

お守りいただいていることへの感謝、自分が生を受けたことへの感謝。

この気持ちがあってこそ、供養は初めて供養となるのです。

供養は亡くなった方のために行うものです。

「自分に悪いことが起きるから、供養しなきゃ」

「自分を守ってもらいたいから、供養しなきゃ」

っていうのは、本末転倒なわけですよ。

自分のためにやってるだけだから。

エゴ以外の何物でもありません。

そんな心のこもっていない供養は供養じゃないんですよ。

「感謝」。本当にこれが一番大切。

心と思いをしっかり込めて、供養をすることが

亡くなられた御魂にとって 何よりの喜びなのです。

奄海るかセルフマガジン・無料配布中

無料メールマガジン 奄珠堂通信に登録しませんか?

無料メールマガジン庵珠堂通信

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

あなたにオススメの投稿