去年のお話です。

「2014年 願いを叶える道標キャンドル」にお付けする
「サポートしてくれる仏さま」を悉曇カードで引いておりました。

カードを引いてからリーディングをしていくんですけれども
厳しいお言葉を出す仏さまがいらっしゃいました。

「仏さまって厳しかったんだ」と思いつつ、 はたと気づきました。

仏さまって基本優しいけど、厳しい時はかなりはっきり言われます。
日本の神様も、天使もそうなんだけどさ。なんだろう。
仏さまのそれは、竹中直人の「笑いながら怒る人」みたいな感じです。


(すんません、凄い例えで・・)

なんですが、仏さまが厳しい時って 「そこ気づいたらええのに!」
「もうそろそろ、次行かな!」
的なときなんですよねえ。
でね、こうやって言ってくれるのって 愛があるからなんですよ。

饒舌ではないけれど、仏さまの方から言葉を掛けていただくことは
あまりないのですけれどもね。
仏さまは、私達が気づくことを願っているから。
それだけに、いただくお言葉には 深いものを感じます。

仏さまが強いメッセージをくれる時。
それは、変わってゆくチャンスに気づけということ。
愛のある「頑張ってや!」なのですよ。

奄海るかセルフマガジン・無料配布中

無料メールマガジン 奄珠堂通信に登録しませんか?

無料メールマガジン庵珠堂通信

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

あなたにオススメの投稿