思い込みを加速させない

よくあるご相談の中に 「相手にこう言って嫌われたらどうしよう」とか
「拒絶されたらどうしよう」と思うあまりに
自分の中に思いを閉じ込める というのがあります。

自分の中に閉じ込めるのはいいんですが(本当は良くないけど)
閉じ込めるあまりに、思い込みや妄想に発展するんですよね。
「私のことが嫌いだからこんな態度を取るんだ」とか
「こんなメールを送ってくるのは、私が何かしたからなんだ」 とかね。


相手に聴いたり、どう思ってるのか確認するまでは あなたの思い込み
なのですよ。

自分の思い込みで自分の感情を振り回しているのですよ。
相手が振り回しているんじゃないのよ、あなた自身なんだよ。

あなたが大事に思っている相手なら、会話でちゃんとコミュニケーションを取るべきです。
こっちもちゃんと自分をオープンにしてね。そうやって付き合っていくから
相手の性格がこうだとか、この人はこうだよなってのが解ってくるのですよ。
逆に、自分のこともそうやって相手に伝わる。

こっちが大事に思っていても、相手が軽んじているケースもあるのですよ。
そういった場合はそこで判断されるから、手放すかどうかはその段階で考える。

ただし、言葉を選ぶことはとても大切なのですね。
相手に聞く時は言葉の選び方に気をつけて下さい。言葉遣いもだけど
言葉を選ぶというのは、思っていることをポジティブな言葉に変換することです。
これは自分の思い込みが加速すると どうしてもネガティブな言葉選びになるのです。

例 「私のことどうせ嫌いなんでしょう」  みたいな感じ。

これを 「私のこと好き?」って聞いたらどうなるか。 ってことです。
表情と声のトーンも言葉に合わせることがオススメ。
自分が言われたらどう思うか、尊敬する人がそう言ってきたらどう思うかとか
置き換えてみると結構よく理解できますよ。

自分が相手を理解しようとせず、自分が相手に理解してもらおうなんて
おこがましいのですよ。
また、それぞれの立場というものもあります。
私の場合、ご依頼者様とのやり取りは一線を引いています。
友達でご依頼者様って場合はまた違うけどね。
これは相手が依存しないために大切なことなのですよ。

対人関係は一生切っても切れない部分なのですが
自分がどう行動するか、また捉えるかで変わるものでもあるのです。

奄海るかセルフマガジン・無料配布中

無料メールマガジン 奄珠堂通信に登録しませんか?

無料メールマガジン奄珠堂通信

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

あなたにオススメの投稿