霊視についてのお話です。

霊視って 視 って付いていることから解るように

映像で視えるのですが、肉眼での視え方はとは違います。

では、霊視での「視える」ってどういう感じなの?

a0001_012472

まず、視ると言っても 肉眼は使いません。

肉眼を使うと、どうしても実際目に見える方に気を取られます。

だから霊視するときは、視線をずらしたり 目を閉じたりして

お相手の方を肉眼で見ないようにしています。

そうすると、私は 左斜め上にぽんっと浮かぶように

視えることが多いです。

眼を閉じた場合は、額から目の部分にかけてスクリーンが浮かびます。

そこに、画像が浮かび上がってきます。

霊視の場合、画像だけではなく情報も一緒にやってきます。

見えているものが何か、何に関係しているのか。

一気にデータが自分にやってくる感じですね。

ちなみに疲れている時で、自分のガードが下がっているときには

視界の端で人を見たりしちゃいます(´∀`*)ウフフ

二度見したら、勿論誰もいないんですよ(´∀`*)ウフフ

霊視の力というものは、霊能者だけの特別なものではありません。

視える力というのは 常々お話ししているように 力の大小はあれど

人間すべてが持っている能力だと感じてます。

皆さんが視ようと思う時は「視る事を意識しない」ことを

意識されるとよいでしょう。見ようとする気持ちに

意識が集中しちゃうと、無意識のチャンネルが硬くなるから。

でもね、視るときは注意してくださいね。

キレイなもの、美しいものだけじゃないですからね。

時にはえっぐいのも視たりするんですよねー・・・。

あとは「キレイなものに化けたもの」ってのもあるから

騙されないようにも気をつけないといけません。

軽い気持ちで見るとエラいことになる

調子に乗ってはいけない って事も知っておいてくださいねん。

(過去に痛い目に遭っているので 説得力大有り)

奄海るかセルフマガジン・無料配布中

無料メールマガジン 奄珠堂通信に登録しませんか?

無料メールマガジン庵珠堂通信

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

あなたにオススメの投稿