推しは永遠に、私たちの中に生きる。

今年も後、三週間と少しで終わろうとしている。

毎年、あっという間だなあ と感じるが
今年を振り返ると特に、著名な方の訃報を
多く聞いたように思う。

 

まだ若いよ!と思う人も多かったし
私が子供の頃から知っていた人も
今年は多く、霊界へと旅立っていった。

 

その訃報の中に、自分が大好きだった人
「推し」がいた方もいるだろう。

私の推しも、数年前に霊界へと旅立った。

 

もうリアルで会うことは叶わない。

映像も何もかも、生気が抜けてしまっていて
遠くの昔の映像のように見える。

推しがこの世から消えた
あの日のショックは忘れないだろう。

 

私は霊能者でサイキックミディアムという
亡くなった人・霊の声を聞く、霊界通訳をしているが
だからと言って、人の死に慣れる訳ではないのだ。

 

しかし、推しがこの世に残してくれたもの

映画や舞台のDVD、配信動画や歌。

パンフレットやチケットの半券などの
物理的なものもあるが

 

推しに出会ったことで

推しから受け取ったもので

私たちは魂を震わせた。

 

その魂の震えと、魂に残った想い

尊敬、愛、感謝、喜び……

 

推しが私たちにくれたもの。

私たちが魂に刻んだもの。

 

そして推しは、私たちの魂の中で生きる。

私たちは、推しが生きたことを忘れない。

 

そして、いつの日か私たちが

魂に戻ったとしても

推しが与えてくれたものは

魂の内側に、永遠に残り続けるのだ。

奄海るかセルフマガジン・無料配布中

無料メールマガジン 奄珠堂通信に登録しませんか?

ご登録前に「amamiluka.com」および「reservestock.jp」の受信許可設定をお願いします。

 

無料メールマガジン奄珠堂通信

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

あなたにオススメの投稿