目指すのは日本一、世界で有数のミディアム。

私はサイキックミディアムで
亡くなった人やペットの声やメッセージを
伝える仕事をしている。

ミディアム、という言葉の由来は
あの世とこの世の中間、境目をすること。

いわば魂たちの橋の役目。

 

私がサイキックミディアムと名乗り
仕事にしたのは2017年。

 

そこからずっと、迷わずに進んできて
今もずっと目指していることがある。

 

それは

日本でトップのミディアムになること

かつ、世界有数のミディアムになること。

 

どこを持って、何を持って
日本のトップと言えるのか。

これはいまだに答えを出しかねているが

日本のミディアムと言えば
「奄海るかさん」

そう言われるレベルになりたいのだ。

 

 

そのためには、まだまだ色んなことが足りない。

だから発信も、全国を回ることも
学びも続けている。

 

そうまでしても日本のトップになりたいのは

 

愛する人を亡くして、苦しんで。

心が破れそうになって頼った相手に

 

「成仏していない」

「あの世で苦しんでいる」

「供養をしないと助からない」

 

そんなネガティブな言葉を言われる人がいる。

 

 

亡くなった人の魂が落とした、汚れを見るなら
そういうこともあるだろう。

 

だけど、亡くなったその人本来の魂から
メッセージを受け取ることの方が簡単で
その言葉は愛と光に満ちている。

 

そして、遺族の心と思いが助かるのは

どっちの言葉だろう?

 

私が父を亡くした時

 

父は苦しんだだろうか

無念、後悔はなかったのだろうか

もっと生きたかったんじゃないか

 

そんな思いをずっと抱えていた。

 

その思いは数年後、霊視の先生と
ミディアムの先生2人によって助けられた。

 

そして私も、私と同じ思いをする人
私以上に悲しんでいる人、苦しむ人に
亡くなった人思いを伝えるために
ミディアムをやろう。

そう決めた。

 

そして、ミディアムができる人が増えれば
もっと伝えられることがあるだろう。

そう思って教えてもいる。

 

だからミディアムは、仕事にしたい人
まず行動してくれる人にしか教えていない。

 

だけど教える立場なら、学ぶことを止めてはいけない。

自分の生徒のためにも、立ち止まっていられない。

 

自分がもっともっと進んで
ミディアムとしての道を作る。

そうして後からくる人が通りやすくする。

 

それが今の私の役目かな、と勝手に思っている。

 

 

私が目指すものは日本トップで日本一。

私1人でできることは、絶対にやる。

 

だけど、私1人でできないこともある。

そういったときは誰かの手を借りるだろう。

 

そうまでしても、私は亡くなった人の声を聞きたい。

 

誰かが愛した、大切なあの人の思いを
ねじまげて伝えたくない。

死人に口なし、にしたくないのだ。

 

 

私はあの世に亡くなった人とペットから

伝えられるメッセージをあなたに届ける。

 

それは私が出来ること。

私が大切にしたいもの。

 

そして、あなたが明日を生きていけるように。

前に向かって進めるように。

 

そうすることが私の仕事、ミディアムなんだ。

 

奄海るかセルフマガジン・無料配布中

無料メールマガジン 奄珠堂通信に登録しませんか?

無料メールマガジン奄珠堂通信

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

あなたにオススメの投稿