朝護孫子寺に行ってまいりました。

先日、仕事で 信貴山 朝護孫子寺に行ってまいりました。

朝護孫子寺は、生駒から南・大阪と奈良県のちょうど境目にある 志貴山にあります。
生駒から入るコースと八尾から入るコースとあって、八尾コースを選びました。

近鉄信貴山口からケーブルカーに乗って、そこからバスで約10分。

到着。

photo:01



ここは毘沙門天さんをおまつりしています。

このお寺、聖徳太子が建てたとされています。
物部守屋討伐の際に、この山で戦勝祈願をした所 毘沙門天さんが現れて
必勝の秘法を授かり、ご加護を得て勝利されたと言われています。
そして、その後 この山に伽藍を創建し 山の名前を「信貴山」としたそうです。

んで、ここ虎で有名なんですが、この毘沙門天さんが現れたのが
「寅年・寅の日・寅の刻」だったのと、毘沙門天さんのお使いは白虎なんですよね。
なので、お守りなどは全て虎。

photo:02


鳥居の手前から撮影。
実はここに見えないお迎えの方がいらして撮ったのですが
撮った後見たら、道光ってるー。

鳥居もあります。

photo:03


神社ではないのに鳥居・多聞天の額(多聞天とは毘沙門天さんの別名)
これは神仏習合の象徴のように感じられました。
実は聖徳太子と物部守屋の争いって、仏教VS古神道だとも言われていて
聖徳太子は仏教推進・物部守屋は他国からの宗教を入れることを拒んだとも言われています。

その後、日本に仏教が広まると 仏教の中に日本の神様が取り込まれていったのですね。
それは明治に入るまで続き、約1000年続いたわけです。

この本堂に登っていきますよ。

photo:04

この写真もなにげに光ってる・・

お寺の空気は神社と違って、まろやかな空気に満ちています。

朝護孫子寺は本堂の他に、成福院・千手院・玉蔵院とあります。

成福院には如意融通宝生尊さま
千手院には十一面観世音菩薩さまと銭龜善神さまがいらっしゃいます。
毘沙門天さんに商売繁盛のご利益があるからか、お金に関することが多いですね。


本堂に行く前に 融通さんに参拝して本堂に向かうと

こんなものが。

photo:05


四国八十八札所霊場お砂踏み場です。

四国に行ってお遍路が出来ない方のために そのお寺の砂を埋めて土を踏むことで
ご利益をいただこうとするものです。

途中でお不動さまにも参詣し、本殿到着。

photo:06

絶景!!

本堂では「戒壇巡り」をしましたよ。
心願成就を祈る修業の場で真っ暗な回廊を歩きます。
中には如意宝珠を納めたとされる格子戸と、守り本尊と御灯明が灯っています。
いや、本当に真っ暗でした。
でも、そんな中で 気づきとメッセージを色々いただきました。
5分くらいで回れるそうですが、もっともっと長い時間だと思ってましたよ。


次に千手院さんで

photo:07

一億円札のお守りを頂きます。
これとセットの銭龜を使って、お願いをします。
おもちゃっぽく見えますが、お願いの後のエネルギーの入り、すごかったですぜ?

その他にもコレゲット。

photo:08


毘沙門天王勤行式の教本と御朱印帳袋。
実はこの日、御朱印帳を入れているケースから出していたんだよね。
なんでそんなことをしたのか解らないんだけども、このためかなあ。

信貴山には宿坊もあるし、尼体験もあるようです。ちょっと行きたい・・
なかなかに良い所でしたので、また行きたいと思います。

にほんブログ村

   

占い・鑑定 ブログランキングへ

右矢印【お悩み別で探す】 あなたへのオススメセッション

右矢印 ご予約状況はこちら

  お客さまのご感想

   クマタロットって?

 大阪市営地下鉄堺筋線 北浜駅より徒歩3分 サロンへのアクセス

 クロてん ご予約は  パソコンPC GO☆★☆

 携帯 携帯 GO☆★☆

 クロてん お問い合わせは  パソコン
PC GO☆★☆

携帯 携帯 GO☆★☆

  メールマガジンのご購読はこちらから

 (空メールを送信して下さい)

奄海るかセルフマガジン・無料配布中

無料メールマガジン 奄珠堂通信に登録しませんか?

無料メールマガジン庵珠堂通信

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

あなたにオススメの投稿